沿革


最新のトピックへ

大木創業
黎明期

大木グループのあゆみ

万治元年、近江商人大木口哲が
滋養強壮薬「大木五臓圓」を売り出したのが
大木グループのルーツです。


その後約360年間、
日本での食料の安定供給が難しかった時代も
「大木五臓圓」の製造販売、
大衆薬の卸売業などを通じ、
人々が健やかに暮らせるようにと
社会に貢献してきました。
1658年
万治元年

家庭薬製造販売業「大木五臓圓本舗」江戸両国に創業

江戸両国広小路「大木五臓圓本舗」に
古くから掲げられていたと言われる金看板
「大木五臓圓」の広告。病を鬼に見立てたユニークなイラスト
1868年
明治元年

家庭薬問屋を開始

明治10年 小林清親画「両国雪中」
両国広小路 大木口哲本店之図
明治25年両国広小路
大木口哲本店
1896年
明治29年6月

出資金50万円をもって東京神田鍛冶町に大木合名会社設立

明治42年 東京神田鍋町 大木合名会社

1912年10月
大正元年10月

東京神田鍛冶町に応用製薬株式会社設立

1920年5月
大正9年5月

東京都文京区音羽に音羽工場開設

昭和13年神田鍛冶町大木合名会社本社ビル
1939年1月
昭和14年1月

大阪市東区に大阪支店開設

1943年4月
昭和18年4月

大木製薬株式会社に商号変更

1945年8月
昭和20年8月

母体である大木合名会社を吸収合併

1964年12月
昭和39年12月

埼玉県上尾市に上尾工場開設

1965年1月
昭和40年1月

音羽工場を改修・増築し本社機構を神田鍛冶町より移転

1965年7月
昭和40年7月

愛媛県松山市に松山営業所開設

1970年5月
昭和45年5月

製剤部門を大木製薬株式会社に営業譲渡。大衆薬卸業専業となる

1970年6月
昭和45年6月

大木浜薬株式会社(横浜市)を吸収合併。横浜店開設

1970年10月
昭和45年10月

合理化のため大阪支店、大阪北部店、松山営業所に属する営業を応用製薬株式会社(大阪市)に営業譲渡

1972年6月
昭和47年6月

東泉薬品株式会社(東京都千代田区)を吸収合併

新生大木
変革期

大木グループのあゆみ

長い歴史の中、ビジネスの成長とともに
日本全国へ拠点を広げ、
昭和54年には同業に先駆けて
株式を店頭登録(ジャスダック上場)。
昭和62年には、
当時の世界最先端の物流センターを構築し、
日本全国への少量多品種発注などに対応した
供給体制を整備。
昭和63年には、
お客様のニーズに応える製品造りのため、
プライベートブランド開発体制も
確立しました。
1974年1月
昭和49年1月

商号を株式会社大木と改称、本社を東京都文京区に移転

1976年7月
昭和51年7月

株式会社平野隆盛堂(名古屋市)を吸収合併。名古屋支店開設

1977年1月
昭和52年1月

サンキ株式会社(大阪市)を吸収合併。大阪支店開設

1979年5月
昭和54年5月

株式を日本証券業協会(東京地区協会)に店頭登録

1982年2月
昭和57年2月

株式会社牧絵一貫堂(群馬県高崎市)を吸収合併

1983年6月
昭和58年6月

医薬品、健康食品等の製造販売を目的とするマナケミカル株式会社(現商号・リブ・ラボラトリーズ株式会社(現・連結子会社))を設立

1985年2月
昭和60年2月

埼玉県上尾市に埼玉物流センター開設

1987年6月
昭和62年6月

創業330周年自社製品(AAカルシウム)の企画・開発を開始

1989年4月
平成元年4月

東京物流センター竣工(創業330周年)

1990年7月
平成2年7月

大阪府南河内郡に大阪物流センター開設

1992年5月
平成4年5月

神奈川県藤沢市に新神奈川物流センター開設

1999年9月
平成11年9月

環境保全商品等の販売業を目的とする株式会社エコ・ファクトリー(現・連結子会社)を設立

2003年7月
平成15年7月

長野県長野市に長野営業所(現長野店)開設

2004年8月
平成16年8月

福岡県福岡市に九州営業所及び九州物流センター開設

2004年9月
平成16年9月

株式会社岡内勧弘堂(香川県綾歌郡)と業務提携

2004年12月
平成16年12月

埼玉県鴻巣市に新東京物流センター開設

2005年6月
平成17年6月

東邦薬品株式会社(東京都世田谷区)と業務提携

2005年6月
平成17年6月

愛媛県西条市に中四国物流センター開設

2005年9月
平成17年9月

東邦薬品株式会社に対し第三者割当増資実施

2005年10月
平成17年10月

岡内大木株式会社(愛媛県西条市)発足

2005年10月
平成17年10月

株式会社ウエキ(大阪府松原市)と業務・資本提携

2005年12月
平成17年12月

大木製薬株式会社を子会社化

2006年6月
平成18年6月

大分化粧品株式会社(大分県大分市)と業務提携

2006年7月
平成18年7月

北海道札幌市に北日本支店開設

2007年1月
平成19年1月

大分化粧品株式会社(大分県大分市)と資本提携

2007年8月
平成19年8月

東邦薬品株式会社(東京都世田谷区)、国分株式会社(東京都中央区)と業務提携

2007年8月
平成19年8月

株式会社中央ホームズ(東京都台東区)と業務提携

2007年8月
平成19年8月

株式会社エーアイピー(福岡県福岡市)と資本・業務提携

2007年10月
平成19年10月

エーアイピー大木株式会社(福岡県福岡市)発足

2008年3月
平成20年3月

株式会社ウエキ(大阪府松原市)を子会社化

2008年4月
平成20年4月

株式会社リードヘルスケア(福岡県北九州市)と業務提携

2008年4月
平成20年4月

株式会社茂木薬品商会(東京都文京区)と業務・資本提携

2008年6月
平成20年6月

広島共和物産株式会社(広島県広島市)と業務提携、ならびに株式会社ウエキの株式の取得の中止

2008年6月
平成20年6月

350周年記念式典開催

2008年7月
平成20年7月

株式会社ヤクショー(現商号 株式会社奈良ドラッグ)を子会社化

2008年9月
平成20年9月

株式会社茂木薬品商会(東京都文京区)と業務・資本提携を解消

2009年2月
平成21年2月

株式会社健翔(広島県廿日市市)及び株式会社リードヘルスケア(福岡県北九州市)と業務提携

2009年9月
平成21年9月

広島県廿日市市に広島物流センター及び広島返品センター開設

2010年3月
平成22年3月

広島県広島市に広島営業所を開設

2010年8月
平成22年8月

宮城県仙台市に仙台事務所(現 東北支店)を開設

2010年10月
平成22年10月

株式会社健翔(広島県廿日市市)と経営統合を視野に入れた包括的業務提携

2010年12月
平成22年12月

株式会社健翔大木(広島県廿日市市)発足

2011年1月
平成23年1月

岡内大木株式会社を吸収合併し、四国支店を開設

2011年1月
平成23年1月

当社100%出資子会社である株式会社健翔大木が株式会社健翔の全部の事業を譲受

2011年8月
平成23年8月

上海大木美健貿易有限公司(中国・上海)を設立

2011年11月
平成23年11月

沖縄県糸満市に沖縄物流センター開設

2012年4月
平成24年4月

日野薬品工業株式会社(滋賀県蒲生郡)の全事業を譲受

2013年7月
平成25年7月

有限会社カインドケア(東京都文京区)と業務提携

飛躍する大木
発展期

大木グループのあゆみ

創業355周年記念の年には
多品種・少量・高回転の出荷を実現させる
大型汎用物流センターを構築、
さまざまな業態への
迅速な商品供給を可能にしました。

そして
平成26年には国際事業本部を創設、
日本国内にとどまらず
世界を視野に入れたビジネス展開で
さらなる飛躍と発展をめざします。
2013年11月
平成25年11月

セントラルロジスティックセンター竣工(創業355周年)

2014年1月
平成26年1月

国際事業本部を発足

2014年4月
平成26年4月

石川県白山市に北陸支店を開設

2015年10月
平成27年10月

大木ヘルスケアホールディングス株式会社設立

2016年4月
平成28年4月

株式会社大木が株式会社健翔大木を吸収合併し、中四国支社を開設

2017年3月
平成29年3月

広島共和物産株式会社との業務提携を解消

2017年5月
平成29年5月

株式会社ルネサンスと脳活性化プログラム「シナプソロジー」を活用した業務提携

2017年6月
平成29年6月

岡山県岡山市に岡山支店を開設


このページのトップへ