事業部紹介 - 快適生活用品事業部

新しい時代の快適な生活用品を企画提案

大木ヘルスケアホールディングスでは、高齢化社会の到来、世帯構成の変化に着目し、新しい時代の快適な生活を模索し、 潜在化しているカテゴリーである快適な生活用品カテゴリーへの本格取り組みを行っています。

キーワードは、

「高齢化ニーズ」 「成熟化ニーズ」 「小世帯ニーズ」


セルフチェック機器事業

ドラッグストアに今後期待されるトリアージ機能

健康保険で実施できる健康検査は数百項目に上り、どんどん増加、複雑化しています。 現在は、患者さんが自分の検査データを“持ち歩く“時代です。 健康に関心のある人が増え、主治医だけでなく、薬剤師や看護師にも、 検査に関する質問が寄せられています。 そのような社会を背景にドラッグストアにおける消費者への役立ちを提案します。

快適生活サポート


このページのトップへ

ノルディックウォーク

着々と普及してきている「ノルディックウォーク」をご紹介
ノルディックウォーク普及に大木ヘルスケアホールディングスは指導員の育成や、 新カテゴリーとして、スポーツ店に行かない世代をしっかりと取り込んでいくための買場提案、 関連商品のパッケージ売場提案をいたします。

  • ノルディックウォークで快適生活




元気に歩いて秋の東京を満喫。
2014年11月29日に開催されました「TOKYO 元気ウオーク2014」に
特別協賛しました。
当日はあいにくの雨にも関わらず、4500名もの大量の参加者にお集まりいただき
元気に、そして安全にイベントを開催することができました。




このページのトップへ

介護用品事業



このページのトップへ

ケア用品.com

店頭での多品種展開を可能にするための販売システムツールを開発

ケア用品.com

店頭での多品種展開を可能にする販売システムツール




このページのトップへ

世帯の構造変化の未来予想も捉えた商品開発

高齢者と番傘世帯が快適に生活するための提案

販売システムツールを開発
販売システムツールを開発





このページのトップへ

ガーデニング

ガーデニング用品はホームセンターで90%が購入されていますが、 今後は高齢者の趣味としての市場規模拡大が期待されています。 家の近くで購入をしたい初心者向けガーデニング提案をいたします。

快適生活サポート


快適生活サポート




このページのトップへ

おとな用紙おむつ事業


  • 大人用紙おむつ
大人用紙おむつの選び方。






このページのトップへ

快適生活用品事業

医療器・医療用品が中心。データマイニングを特段に活用した新切り口、快適生活用品として提案
あったか・快眠、ユニバーサルデザインフード、消化酵素OTC、リハビリ健食など

快適生活




このページのトップへ